FX徹底比較TOP > ファンダメンタルと相場

ファンダメンタルと相場

ファンダメンタルが経済的な要因でいくつかの要素がありますが、
それぞれが独立している訳ではなく、関係性をもっています。

前項でファンダメンタルで相場が変動する3つのポイントを挙げましたが、
それらにも深い関係があります。


例えば景気が良いか悪いかを判断するポイントして、
様々な景気判断指標が発表されます。

具体的にはGDPや雇用統計、小売売上高、etc・・・・

こういった指標が軒並み悪化すれば景気が下降していると
判断されます。

難しい仕組みは抜きにして景気が下降すれば、
法人の収益は下がり、設備投資や雇用も悪化していきます。

その際に銀行の借り入れが鈍り、更に景気が減速します。

となると、次に来るのが金利です。


国は景気が悪くなれば金利を引き下げて資金を供給する事で
景気の減速を抑えようと考えます。

つまり、景気と金利は連動性を持っていて、
金利政策や景気対策を行う政府高官や中央銀行の関係者の
発言は重視されるという事です。

毎日発表される経済指標は、そういった先の流れを示す要素なので
発表されるごとに為替相場に影響を与えている訳です。


そういった関係性に加えて、現在の日本円を考えた場合に
日本は長く超低金利の政策を続けてきましたから、
日本円を売って外貨を買う事で高い金利を得る事ができました。

しかし。海外の景気が減速し金利が下がると
日本円と海外通貨との金利差メリットが薄くなり、
それを解消するために円が買われる傾向があります。

よくアメリカの株価が下がり、つられて日本株も安くなった場合でも
円高に動くのはそういった要素もある為です。

これは世界的に見ても低金利な日本円の場合、
ユーロや加ドル、豪ドルでも同様の事が言えます。


経済指標と金利、株価、為替レートと全てが連動して
毎日の相場を決めています。

しかし、だからといって経済に詳しくなる必要はなく、
関係性を知っていれば、それでFX取引には充分です。

細かい分析や先の見通しは多くのFX業者による
専門家のレポートをみれば問題はないものです。

後はそういった情報を取捨選択する事が大切ですが、
経済学者だからFXで必ず利益を出せる訳でもないので、
ファンダメンタルだけでなく、全体的に相場を判断しましょう。

口座開設急増! 人気FX業者BEST3
初心者
高金利
低資金

FXの準備を始めよう!
FXはハイリスク?
FXは少ない資金でOK?
取引で多額の借金になる事はある?
FXの為に覚える事は多い?
ネット取引のリスクは?
FXを選ぶメリットは?
FXで扱う商品?とは
無職でも参加できるのか?
FXの仕組みと取引
FX取引とは?
FXの市場
円高・円安の考え方
為替相場を決める要因
ファンダメンタルと相場
為替差益とスワップ金利
高金利通貨とは?
相場を動かす予想と現実
決済と相場
デモトレード入門!
デモトレードのメリットは?
サービス内容が違う?
とにかくまず試したい方へ
お勧めのデモ口座
デイトレ準備講座
デイトレードとは?
デイトレードに必要な条件
FX業者の選び方
デイトレに有利なキャンペーン
ハイレバレッジが有利?
FX業者のロスカット設定
人気の1/10クォートレート
スワップ派準備講座
スワップ金利を得るには?
中長期取引はキケン?
FX業者の選び方
金利は毎日変動する
長期の逆スワップ
高金利通貨はお得?
FX業者徹底比較
金利重視!スワップランキング
取引特典重視!キャンペーンランキング
手数料重視! スプレッドコストランキング
安定度重視!安心感とシステム安定度ランキング
通貨数重視!取り扱い通貨数ランキング
初心者にオススメFX業者ランキング
低資金で選ぶFX業者ランキング
国内FX会社紹介
マネーパートナーズ
FXプライム
外為オンライン
外為どっとコム
セントラル短資
サイバーエージェント
FXオンライン
フォーランドオンライン
ひまわり証券
クリック証券
FXトレーディングシステムズ
MJ
EMCOM証券
ヒロセ通商
マネックスFX
トレーダーズ証券
フォレックス・トレード
Copyright © 2008 FX徹底比較!初心者が失敗しないFX業者の選び方. All rights reserved